海外萌え

CandyDollファンに朗報

 キャンディドールのウェブサイトは既に終了となりました。しかしながら、コンテンツ自体は、下記のサイトで見られます。
>>Candy Doll

キャンディドールシリーズの見所と名作選

概要

 CandyDollはヨーロッパの美少女の萌え萌え動画をたくさん収録したシリーズです。現在も見られる上記のサイトではかわいらしい白人美少女の美しい画像(1800pix×1200pix)と動画(960pix×540pix:mp4形式)が常時110タイトル以上見放題です。動画は1本で5分ぐらいの長さ。1本ごとに衣装やテーマを変えて色々なバリエーションを提供しています。つまり1本が1シーンという感じです。冗長にならずメリハリがありますね。動画の解像度は6Mbpsの高画質。一般的なDVDよりもさらに精緻で綺麗な映像が楽しめます。

所感

 作品の傾向はヨーロッパ調のお人形のみたいなドレスとかメイド服とか清楚な下着姿や普段着っぽい雰囲気のカジュアル。セーラー服・ボンテージ・レオタード・水着等々清潔感があるけれどエロいコスチューム撮影がメインです。出演者はもちろん白人美少女オンリー!あどけない少女にエッチな衣装を身にまとわせた意外性と淫靡なエロチシズム・妖艶さを楽しむ感じのコンテンツです。出演モデルはヨーロッパの美少女ですがバリバリの洋物という雰囲気ではなく、むしろ「日本人オタク好みに味付けされた萌えコンテンツ」です。

成人女性とは別物

 性器も見えなければオナニーもしないビデオです。その代り、本当の低年齢層の美少女を用いているわけです。当然ですが大人と違って肌も顔つきも若いですね。雰囲気が少女そのものですから独特の魅力を放っています。ひと言で言えば「若い魅力を楽しむビデオ」ということになるでしょうか。
 少女でないと出せない「透きとおる肌」の透明感。少女の持つ可愛さ・清純さ・その中にほんのり香るエロスを楽しむシリーズです。

素材の良さがわかる撮影手法

 撮影手法も凝っていません。その代り、少女の持つ魅力を100%引き出すような自然なカメラワーク。ごまかしがきかないので凝った撮影よりもこちらのほうが仕上がりの善し悪しがはっきり出ます。

お人形っぽい雰囲気が良い。

 動画では雰囲気の良いBGMが流れ、セリフは全くありません。基本的に表情はあまり変えませんね。それでも、撮影中に無邪気に笑う場面も見受けられるので、撮影の全てが「素」ということなのでしょう。まだ子供なので緊張して無表情に見えるのでしょうね。ありのままの撮影なので大人のような作り笑いもなくモデルが見せる自然な表情やしぐさが楽しめます。CandyDollという名称もそういうところに由来しているのかもしれませんね。

ヨーロッパ様式とロリの融合が心地よい

 ヨーロッパというと格調高いイメージがしませんか?キャンディドールの撮影はほとんどが室内で行なわれます。内装や調度品がそれっぽくて「真のロリ娘」がその中に佇むと、日常とは違った感覚というか良家のお嬢様と出会っているみたいな世界なんですよね。美味しい料理も「器への盛り付けでさらに美味しく見える」のに似ています。

名作一覧

 一人の女の子に付き複数の作品があり、その中でも見所といえるタイトルのほんの一部を挙げてみたいと思います。ほんの一部という意味は、取り上げるのさえはばかられるような作品が圧倒的に多く、自主規制で省いたということです。

Katie.M(ケイティ)

 ルックス・スタイルともにキャンディドールのトップモデルといってよいでしょう。そのため撮影本数がとても多いですね。この作品では生き生きとして表情が豊かです。主観のアングルが非常に多くて抜くのには都合がイイ(?)かもです。屈託のない笑顔を振り向けるKatie.M(ケイティ)に癒されますよ。

 Katie.M(ケイティ)らしい衣装だと思ったので取上げました。この子の作品を多数見ているうちに、ルックスは美少女だけど性格は中性的というかお茶目で活動的な印象を受けました。まだ10歳ですから当然に幼児体型で胸も出ていません。それだけにこういう格好がロリっぽく似合うんですよね。CandyDollの作品は毎回コスチュームを変えるのがお約束で、一度使ったコスチュームは二度と登場しません。Katie.M(ケイティ)だからこそ似合う色合いとデザインでキャンディドールスタッフのセンスは流石だと思います。

 

Elona.V(エローナ)

 かわゆいです。名前に”エロ”が付いているので気になる人も多いのではないでしょうか。エロスを過激には出さないキャンディドールにあって、この作品はさり気なくエロいです。机の上に立たせて足元から徐々に股間・バストと舐め上げるようなカメラワークが何度も出てきます。長い脚の付け根も覗かれちゃいます。アヒル口の表情とか、エローナちゃんがパッチリ二重の美形なのでより見応えがありますよ。

 どういうわけか、この子にはエロいのばかり着せたがるんですよね。監督のお気に入りだったとか・・・。舐め上げる視線。ツルペタな胸にマイクロビキニがたまりませんね。クビレの無い幼児体型で美人顔というのはロリならではです。

 

Eva.R(エヴァ)

 Eva.R(エヴァ)を象徴するような代表作といってよいでしょう。「きゃりーぱみゅぱみゅ」がやりそうな豹柄でツノ付きの小悪魔系コスチュームです。豹柄の衣装は色気をそそるアイテムですが、この娘が着ると何の違和感もありません。中1ぐらいの年齢なので、全身コスチュームでも肌がとても綺麗なのが逆に目立ちます。大人の女性ではこういう雰囲気は出せないことでしょう。

 レオタードはピンク系でも淡い色なのでこの娘によく似合っていますね。キャンディドールはどの作品を見てもコスチュームのセンスが抜群です。女の子らしさが余すことなく伝わってきます。大開脚が気になることと思われますが、スティルでじっくり見ることができます。

 

Anjerica.C(アンジェリーカ)

 この撮影のカメラマンは素人っぽい気がする。ブレが多くてピントが定まっていないコマが多すぎると思いました。ホームビデオレベルとまでは言わないが、新人のカメラマンでしょうか。だったら、なぜここで取上げるのかというと、モデルの表情が生き生きとしていて可愛い笑顔だらけだからです。この子は見るからに活発でしかも美形です。なので千金に値するコマが非常に多いのでおススメせずにはいられなかったのです。

 

Bella.K(ベラ)

 やたらと胸と股間を強調したアングルが多い作品です。だから見た感じはエロエロな下心丸出しで撮影したかのようです。膨らみかけたバストや薄い生地のレオタード越しにオマンコの形がわかるぐらいくっきり見えます。第二次性徴期を迎えている身体つきがはっきり見て取れる萌え作品です。身体が軟らかくポーズも卑猥に見えます。この年齢の綺麗な女の子のアソコに興味がある方なら、絶対に見て損はしないはずです。成長期の身体と綺麗なルックスが相まっておススメですね。

 キャンディドールの真骨頂とも言うべき、欧風のお洒落コスチュームでの撮影です。スカートの裾を持つ可愛らしいポーズなのに、晒される股間や白い太股のエロスが露わに。「お洒落な中にも萌え萌え〜」という印象です。美少女とともに非日常的な空間を共有している気分が味わえます。

 

>>Candy Doll

 

白人美少女動画を入手したい方のために

姉妹サイトにキャンディドール亡き後の記事を書きました。

 まだ生きている洋ロリもあります。よろしければお読みください。
生存中の洋ロリ研究

page top